現状維持では後退するばかり

こんにちは。サムライ大家です。

 

不動産投資や太陽光発電所投資など、現物を伴う投資を行う場合、通常は投資時点(購入時点)が最も良い状態です。

 

建物や設備は時間と共に段々と劣化していきますよね。

 

家賃の値下がりや、太陽光パネルの劣化により、収益力も次第に低下していきます。

 

現状を改善するには3つの方法があります。

 

(1)修繕する
(2)売却する
(3)新規に投資する

 

(1)は、大規模修繕(屋上防水、塗装)、部屋のリフォーム、清掃など。
(2)は、古くなり過ぎた物件を売却して利益を確定させ、処分すること。
(3)は、文字通り、新たに物件を購入することです。

 

この(1)~(3)を繰り返すことで、収益力を維持・改善していくことが必須です。

 

回転させないと古くて使い物にならないものばかりが手元に残ってしまうことになります。

 

現状維持では後退するばかりです。

 

不動産や太陽光など、現物に投資する投資家の宿命でしょうか。

 

買って終わり!ではないのが少々ツライ所ですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です