複利効果の活用こそ投資の本質②

samurai投稿者:

こんにちは。サムライ大家です。

 

複利効果の活用こそ投資の本質①では年利100%且つ税金無視という、ほとんどあり得ない条件下で例示してしまいました。

 

実際には年利100%の投資案件を探すのは難しいです。不動産投資で利回り20%、太陽光発電投資で利回り12%あれば相当条件がいい方だ思いますが、それでもその程度なのです。

 

利回り20%でさえ、現金購入だとすると回収までに単純計算で5年もかかってしまいます。それに、自己資金100万円で買える不動産もなかなか見つからないでしょう。

 

これではお金の増えるスピードは遅すぎます。1億円の達成はいつになるやら…。そのため、太陽光や不動産の場合、手元資金を減らさず、さらにROIを最大化するために、融資を活用することになります。

 

諸経費込みのオーバーローンならROIは無限大。手出し無しでキャッシュフローを獲得することも可能です。但し、融資というレバレッジは諸刃の剣。空室が埋まらずに持ち出しになる可能性もあるわけです。

 

手元資金を着実に増やし、まとまった資金を年利の高い投資・事業へ投入して回収、再投資を繰り返す。

 

そのために毎月のサラリーマン収入を貯蓄し、さらに不動産・太陽光からのキャッシュフローを蓄積しておく必要があります。

 

年利の高い投資・事業が見つかるかは自分次第です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)