同じ本を読んでもあなたのステージによって得られるものが違う

こんにちは。サムライ大家です。

 

本を読む時は、著者がどのようなステージの人間なのか確認した方が良いです。

 

一番得られるものが多いのが、自分より少し先に進んでいる人の本だと思います。

 

著者が雲の上のような人である場合、言葉では理解できても実感を持って理解できないことがあります。

 

それは、自分とステージが違いすぎるから。

 

先のステージを覗いてみるくらいの感覚で読むとよいのかもしれませんが、ギャップが大きくて心にストンと落ちないことが増えていくような気がします。

 

そのような本は数年後に読んでみると『こういうことだったんだ❗』と実感を伴って咀嚼できることがあります(単なる勘違いかもしれませんが(笑))

 

なので、同じ本を時間をおいて読み直すと新たな発見があります。一回読んで分かった気になるのは勿体ないです。

 

数ある本の中から自分のステージに合った本を引き当てるのは難しいので、取り敢えず気になったものは買って、分からないことが多ければ数年後に読み直す積読本として眠らせてしまえばよいのではないでしょうか。

 

数年後に起こすのを忘れずに!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です