私の読書ルール~一冊一実践を徹底しています~

こんにちは。サムライ大家です。

 

皆さん、読書はされますか?

 

読書は見識を広げるための一番低コストな方法です。サムライ大家は年収が飽和するのを見越して、本をひたすら買っていた時期がありました。

 

ただ、本を読んで知識を得たとしても、それを実践する人は少ないです。大抵の人は読んだだけで満足してオシマイです。

 

私もよくこのダメパターンに陥りました。なんとなく心の奥底にインプットしたら、いつかその知識が活きる時がくるはずだ、と。

 

しかし、それは効率が悪いことこの上ないです。全くの無駄ではないかもしれませんが、殆どが無駄だと思います。

 

いま得た知見・知識は、いま実践しなければ一生実践しません。

 

そんなわけで、私は自分なりに『読書のルール』を作っています。

 

それが『一冊一実践』です。

 

一冊の膨大な内容から、少なくとも一つだけは実践する。

 

例えば物件を買いたい人が不動産投資の本を読んだ時に銀行に電話営業を100回行ったというエピソードがあったとします。

 

いきなり100回は難しいかもしれませんが、例えば『今日中に銀行に1回電話をかける』と決めて実践するといった具合です。

 

その場で実践しなければ一生やりませんから。

 

一つだけ実践すれば良いのであればハードルも下がります。

 

この読書のルール、結構オススメですよ☺

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です