【読了】お金の真理(与沢翼)

--------------------------------------------------------------------
■2019年8月9日刊行の拙著■

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

全国主要書店を中心に店頭に並んでいます!ぜひ手に取ってご覧ください(^^)

--------------------------------------------------------------------

こんにちは。サムライ大家です。

 

先週の金曜日に久しぶりに書籍を購入。実は与沢氏の本は結構買ってます。

 

 

この土日で読了。366ページもあり長めですが、一気に読み進めることができました。

 

彼の成果とはほど遠い私ですが、共感できるところが多々ありました。

 

以下は目次見出しからの抜粋ですが、内容含めて特に気に留まった部分です。

・現金一括で買えないものはすべて身分不相応
・軍資金(=貯金)がなければ永遠に人生は変えられない
・「純資産1億円」のコップからあふれた水だけをすする
・考える時間が多い人ほどお金を稼ぎ続けることが可能になる
・「富の源泉」に近いポジションを取れ

 

不動産・太陽光において融資の活用を前提としている、私のような普通のサラリーマン投資家から見ると、「現金一括で買えないものはすべて身分不相応」という彼の言葉は刺さりますね。

 

これだけ不動産投資の本や教材があふれている中、「融資を受けて購入することが当たり前」という風潮があり、私自身そういう変な「常識」を持ってしまっています。

 

他人のお金を活用してレバレッジをかける。いわゆる他人資本の利用は、レバレッジの力が逆方向に働いたときに諸刃の剣となるわけで、彼はそうした状況は絶対に回避する(つまり、ローンは使わない)との姿勢です。

 

お金を稼いで軍資金を貯め、それを投資し、回収してさらに再投資することで複利効果を生み出すのが投資の原則ですが、彼の場合、最初の軍資金の額が桁違いです。その一部を使って世界各国の高級不動産を現金一括で買っています。

 

規模が違いすぎますが、やっていることは築古戸建、中古ワンルームの現金一括購入を繰り返していく手法に似ています。とはいえ、彼が不動産を購入する理由はキャピタルゲイン、インカムゲインが目的でもあるわけですが、現金から流動性の低い資産に形を変えておき、使わないようにする(人はお金があればあるだけ(投資に)使いたくなる)のも目的のようです。

 

やはり何をするにも軍資金は協力な武器になります。彼のように稼ぐ力に優れていると、選択肢も広がります。

 

直近の拡大期で現金をどんどん再投資してきた私ですが、これはコップの水が半分溜まった状態で使って(飲んで)いたことと同義です(消費ではなく投資への使用ではありますが)。良案件が出たときにすぐに動ける準備は行いつつも、大きめの軍資金を蓄積するフェーズに入るのもアリなのかな~と思いました。つまり、(小さいコップかもしれませんが)コップからあふれ出た分だけを飲むようにすることも考えなければいけないのかも…と。

 

久しぶりに本を買いましたが、やはり刺激は大事ですね。

 

またドンドン本を買っていこうと思います。

 

お金の真理 (単行本)



--------------------------------------------------------------------

■書籍『 知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術』

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術


書籍の目次詳細はコチラ


■メールマガジン
書籍刊行に合わせてメールマガジン(無料)を開始します。 ブログ等を通じて多くのかたがたに登録していただいています。 感謝です!(^^)!

  

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Recommended
こんにちは。サムライ…