民泊総崩れ? – 投資は行動力が9割!

民泊総崩れ?

--------------------------------------------------------------------
■2019年8月9日刊行の拙著■

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

全国主要書店を中心に店頭に並んでいます!ぜひ手に取ってご覧ください(^^)

--------------------------------------------------------------------

こんにちは。サムライ大家です。

 

東京オリンピックを機にインバウンド需要が急拡大したことから、一時期民泊が流行しました。

 

私の周囲の不動産投資家もこぞって参入していたように記憶しています。

 

しかし、供給が増大し、競争は激化。

 

激戦区では撤退する投資家も多く出ました。

 

それはコロナ拡大よりもずいぶんと昔のことです。

 

そして、今回のコロナの影響でオリンピックは延期となり、宿泊予約はキャンセル。

 

いまや閑古鳥です。

 

転貸という形で投資していた人は比較的撤退も容易です(それでも100万近くの損切かも)。

 

しかし、融資を受けて民泊用に一棟マンションを建設したり、大きく投資した人は苦境だと思います。

 

もはやインバウンド需要がほぼゼロですから、破産の可能性もあるでしょう。

 

スルガのシェアハウス問題のような大規模なものはないでしょうから、あまり表面化することなく一部の投資家が人知れず消えていくことになります。

 

ここから得られる教訓は、

 

「急拡大した需要は急減少しやすい」

 

です。

 

儲かるといって皆がこぞって参加すると、あっという間に供給が過剰になり、今回のような不足の事態で需要がほぼゼロになる。

 

恐ろしい…。

 

一過性の需要に融資を受けると大変なことになります。そうした投資は現金買いか、借りて行うかですね。

 

投資初期こそ安定性が大事(個人的意見)ですから、民泊は余力がある人がすべき投資だったのかな~と思います。

 



--------------------------------------------------------------------

■書籍『 知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術』

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術


書籍の目次詳細はコチラ


■メールマガジン
書籍刊行に合わせてメールマガジン(無料)を開始します。 ブログ等を通じて多くのかたがたに登録していただいています。 感謝です!(^^)!

  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Recommended
こんにちは。サムライ…