銀行員さんと面談しました

--------------------------------------------------------------------
■2019年8月9日刊行の拙著■

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

全国主要書店を中心に店頭に並んでいます!ぜひ手に取ってご覧ください(^^)

--------------------------------------------------------------------

こんにちは。サムライ大家です。

 

今月末融資実行予定ではない方の地銀融資担当者と面談しました。

 

先週電話をもらったのですが、あまり良いお話ではなさそうだな~と思っていたら予想通りでした。

 

最初に持ち込んでから半年が経過してます(こんな長期戦ある?)。

 

担当者は本当に融資先のことを考えてくださる人なのですが、本部が何かと注文を付けてきます。

 

本部「動産総合保険に質権を設定することが必要条件です」

 

この質権設定問題なのですが、9基目の融資の際にも持ち上がった問題です。しかし、「質権設定は不可能」であることが判明したため、そのまま(質権設定を諦めて)融資を実行してくれたという経緯があります。

 

今回は絶対に動産総合保険に質権設定しなきゃ駄目!と言っているようなのですが、調べてみたら今回の3基について加入している動産総合保険も、同じように質権設定ができないものでした。

 

ではどうするのか?

 

本部が考えた案は、もう一度、質権設定できるタイプの動産総合保険に私が加入し、それに質権を設定すれば融資OKというものでした。

 

いや~(;・∀・)タマゲました。

 

本部様はトンデモナイこと言いますね…。

 

動産総合保険に既に加入済なのに、ダブって加入しろと言う訳です。え、、、保険料が無駄になるじゃないの…。

 

いや、期間10年のうち2~3年のズレがあるから完全な無駄ではありませんが、7~8年分が重複するのでその分は確実に無駄になります。

 

動産総合保険って結構高いんです。パネル規模にも寄りますが、40~60万のオーダーです。それが3基あるわけですから、150万ほどの追加出費。借り換えのメリットはほぼ無くなってしまいます。

 

この質権設定問題さえクリアできれば、他の条件は全てOKのようなので、何とか頭をひねって代替手段を考えるしかありません。

 

さすがに動産総合保険の重複加入はあり得ないので、面談中に一つこちらから案を提示しました。苦肉の策です。

 

それは、まだ未加入の休業補償保険に加入し、それに質権を設定することでOKにしてもらえないかというものです。

 

完全なる思い付きなので、そもそも休業補償保険で代替可能なのかも分かりませんし、それに質権を設定できるのかも分かりません。

 

このプランを持ち帰ってもらって再検討して連絡をもらうことになりました。

 

いずれにせよ、今月中の融資実行は無くなりました~。



--------------------------------------------------------------------

■書籍『 知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術』

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

書籍の目次詳細はコチラ


■メールマガジン
書籍刊行に合わせてメールマガジン(無料)を開始します。 ブログ等を通じて多くのかたがたに登録していただいています。 感謝です!(^^)!

  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)