屋根25kW太陽光の施工タイミングをどうするか

--------------------------------------------------------------------
■2019年8月9日刊行の拙著■

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

全国主要書店を中心に店頭に並んでいます!ぜひ手に取ってご覧ください(^^)

--------------------------------------------------------------------

こんにちは。サムライ大家です。

 

先日、施工業者の営業マンさんから電力会社の連系負担金が確定した旨の連絡がありました。

 

想定よりも格安ですねと聞いてみたところ、営業マンさんも想定より遥かに安かったとの感想でした。

 

これは運が良かったのでしょう。利回りへの影響はほとんどありません。

 

さて、この屋根太陽光ですが

 

営業マン「いつ頃施工しますか?」

 

と聞かれてしまいました(;・∀・)

 

事前に諸事情を伝えていたとおり、しばらく放置の方針であることを改めて返答。

 

理由は、どの主体で購入すべきか決まっていないからです。

 

◆懸念1
名義は個人なのですが、既に保有している野立て発電所からの売電収入が免税事業者のギリギリラインであり、追加で屋根太陽光を購入すると課税事業者から免税事業者に戻せなくなる恐れがあります。

 

◆懸念2
かと言って、法人名義で購入するとなると、マンション自体は個人名義なのに屋根太陽光だけ法人名義となり、マンション売却時に何か不都合が生じるかもしれないという懸念もあります。

 

なので、「どうしよっかな~~~~。」と悩んでいる最中です。

 

現在課税事業者である個人を将来免税事業者に戻した後に個人太陽光の一部を法人に売却すれば、年間売上が下がるため屋根太陽光を個人で購入しても問題は無くなります。

 

これが一案なのですが、現在個人太陽光の借り換えを進めているため、借り換えの時点で1基を法人名義に移してしまうのもアリかもしれません。

 

ただ、課税事業者中に売却した場合、なんか税務的にマズイこともありそうなので何とも言えません(詳細税理士に未確認)。

 

与えられた複雑な条件から最適解を探す感じです。しかも手探りで…。

 

いまのところ急ぎではないので、ゆっくりと考えていきたいと思います(^^



--------------------------------------------------------------------

■書籍『 知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術』

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

書籍の目次詳細はコチラ


■メールマガジン
書籍刊行に合わせてメールマガジン(無料)を開始します。 ブログ等を通じて多くのかたがたに登録していただいています。 感謝です!(^^)!

  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)