出版と自爆営業

--------------------------------------------------------------------
■2019年8月9日刊行の拙著■

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

全国主要書店を中心に店頭に並んでいます!ぜひ手に取ってご覧ください(^^)

--------------------------------------------------------------------

こんにちは。サムライ大家です。

 

今回の出版を機に、出版業界の裏側がほんの少し垣間見えました。

 

著者や出版社の立場としては1冊でも多くの本が売れて欲しいものです。

 

出版社にとっては、もちろん売り上げ(利益)増加のためですが、著者にとっては2冊目(次)があるかどうかに関わります。1冊目が鳴かず飛ばずだと、まず次はないでしょう。

 

少しでも書店での販売部数を伸ばすために、いわゆる自爆営業をしている著者さんが少なからずいらっしゃいます。

 

ここでいう自爆営業とは、特定の書店に搬入された著書を自己買い取りすることです。買い取り前提で何十冊も1つの書店に仕入れてもらいます。一定期間内に売れなかったら全部買い取ることでその書店の週間ランキング1位を獲得し、それを宣伝として利用します。

 

Amazonの順位が低いのに、特定の書店だけでランキング1位を獲得し大々的に並んでいるものはこの類です。「え?この本が1位なの?」と感じるのではないでしょうか。

 

こうした宣伝手法は一定の効果を生むのかもしれませんが、自爆営業ばかりしていたら肝心の読者には届かないままとなってしまいます。

 

これをやるくらいなら、多少費用が高くても主要紙に新聞広告を出したほうがいいと思うのですが…。

 

自爆営業以外にも、あの手この手で販促する様々な手法があるようです(大抵、著者が安くはない費用を負担することになります)。

 

出版というのも、なかなか世知辛い世界ですね…。



--------------------------------------------------------------------

■書籍『 知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術』

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

書籍の目次詳細はコチラ


■メールマガジン
書籍刊行に合わせてメールマガジン(無料)を開始します。 ブログ等を通じて多くのかたがたに登録していただいています。 感謝です!(^^)!

  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)