太陽光用地の取得代金はいつ経費になるのか???

--------------------------------------------------------------------
■2019年8月9日刊行の拙著■

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

全国主要書店を中心に店頭に並んでいます!ぜひ手に取ってご覧ください(^^)

--------------------------------------------------------------------

こんにちは。サムライ大家です。

 

先日、税理士さんに期限ギリギリで送った決算資料から第2法人の決算原稿を急ぎで作っていただきました。

 

前期は土地だけ購入し、連系まで辿り着かなかったため、発電所としては実質未稼働の状態での決算となりました。

 

決算原稿を確認していると、ふと気になったことが。

 

むむむ?繰り越し欠損金が少ないような…?

 

現金で土地購入したから、その分が経費に計上されるはずなのに、その金額からは乖離した金額だったのです。

 

念の為、税理士さんに確認してみたところ、

 

「土地については売却するまで経費になりませんので、資産の部にそのまま乗り続けることになります。」

 

え~~~!?????

 

売却するまで経費にならないんだ…。

 

知らなかった…(;・∀・)

 

今までは土地だけ先行決済した状態(つまり、設備の購入はまだの状態)での決算(又は確定申告)は経験が無かったため、気付きませんでした。

 

いままでは設備の減価償却費が初年度から計上されていたので、大きな費用が計算されていましたので、そこに含まれているものだとばかり…。

 

いや~。勉強不足です。

 

こういう知識はどこで勉強すればいいのかなぁ?

 

税理士になるしかないのかしら…。



--------------------------------------------------------------------

■書籍『 知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術』

知ってる人だけが得をする! 太陽光発電投資: 決定版! ローリスクの堅実投資術

書籍の目次詳細はコチラ


■メールマガジン
書籍刊行に合わせてメールマガジン(無料)を開始します。 ブログ等を通じて多くのかたがたに登録していただいています。 感謝です!(^^)!

  

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)