書籍のカバーデザイン案があがってきました

こんにちは。サムライ大家です。

 

最後の修正の機会が終了し、刊行に向けて段々と慌ただしくなってた感じです。8月中旬発売予定となりました!(*^^*)

 

さて、本の顔とも言えるカバーデザイン。デザイナーさんが複数の案を作成してくださり、出版社様の中でA案とB案の2つに絞られました。そして、私のほうにA案とB案のどちらがよいと思うか意見を求められました。

 

A案:
インパクトが大きい。書店に平積みされていたら結構目立つかも。青が中心の色合い。

B案:
綺麗なデザイン。赤が中心の色合い。暖かい感じ。

 

画像無しですみません。

 

2つの案を拝見した際、一見するとB案のほうが綺麗で、B案のほうがよいのではないかと感じましたが。出版社様はA案押し。理由を聞いて納得。B案は無難で綺麗なデザインだが、他の書籍に埋もれてしまうかもしれないため。

 

確かに2つを並べて比べるだけだと、B案のほうがよく見えるような気もするけど、何百冊、何千冊もの他の本の中に埋もれたときに目を引くのはおそらくA案です。

 

家族・身内にも聞いてみたのですが、A案vsB案の2択だとB案のほうが評判は良かったです(笑)。ただ、A案押しの理由を聞いて納得していましたが。

 

正直、よく分かりません(笑)。

 

なんだかんだでプロ(出版社様)の言うことにお任せしようかなと思います(^^♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)