書籍出版進捗~再校紙ができあがり、これが最終チェック?~

こんにちは。サムライ大家です。

 

太陽光発電投資の書籍出版の進捗です。

 

これまで、こんな感じで進んできました。

 

(1)初稿を納品(私)
(2)初稿をベースにページ仕立てにした初校紙が完成(出版社様)
(3)初校紙への加筆・修正(私)
(4)再校紙が完成(出版社様)
(5)再校紙をチェック(私)←イマココ

 

そろそろ大詰めになってきた感じがします。

 

書籍のタイトルは出版社様の専権事項とのことで、著者側が関与する余地はないようです。出版社様の社内で議論を重ねた末に決定されます。

 

少しでも販売部数が伸びるようなワードの選定などは、出版社様のノウハウとなっているのでしょう。すべてお任せです。

 

不動産投資の書籍などを見ると、結構な煽り文句があって何だかな~と思うようなタイトルが目立ちます(そのほうが目を引くのでしょう)が、そういった何だかな~系のタイトルではなくて安心しました。王道的なタイトルになりそうです。

 

一方、カバーデザインについては、いくつかの案が準備され、著者側の意見も取り入れてくださるようです。まだデザインは不明ですが、どのようなデザインとなるのか楽しみです。

 

このまま順調に進めば、あと1ヶ月ほどで店頭に並び始めるかもしれません。

 

ちょっとドキドキしますね(*^^*)

 

おそらく、投資家が書いた最初の太陽光発電投資の教科書的な本になります。そして、今後もこの分野の投資書籍が出てくることはないでしょう(多分)。

 

つまり、世に出る最初で最後の「投資家が書いた太陽光発電投資の書籍」になるものと思われます。

 

中身スカスカの煽り本とは違って、お値段以上の中身になっている(ハズ)と自負していますので、ご興味ある人はぜひ楽しみにしていてください!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)