知識不足のまま、太陽光発電所を購入してはいけません

こんにちは。サムライ大家です。

 

先日、スマエネさんの初心者を対象とした太陽光セミナーに参加してきました。参加者が少なめだったためか、皆さん質疑応答に力が入っていました。私は最後の最後までダンマリで、1つだけ質問(売電シミュレーションはどのような算出式で求めた値なのか)をしてみました。

 

参加者の質問内容から、初めて太陽光発電投資に興味を持った人達であると分かります。このような知識不足の状態のままで、安易に購入を決めてしまわないか少し心配になりました。大きなお世話かもしれませんが…。

 

表面利回り10%、融資期間15年、フルローンの案件に手を出したら、キャッシュフローはほとんど出ません。返済が終わるまで15年間リスクだけを背負ってリターンはほぼ無しです。儲かるのは施工業者、仲介業者だけ。投資家がすべてのリスクを被る形になっているのですが、そのことに気が付いていない投資家もいっぱいいるものと思われます。

 

ポーカーの格言にもありますが、「あなたが座っているテーブルで誰がカモかわからないとき、カモはあなた」なのです。勉強は本当に大事です。自分の身を守れるのは自分だけなのですから…。

 

融資期間15年、フルローンを前提とするのであれば、最低でも10.5%、できれば11%は欲しいところです。そして、かりに11%の案件があったとき、本当に11%に相当する売電収入が得られるのかを検証できる知識も必要です。

 

あ、誤解なきように言っておくと、スマエネさんのセミナーは、太陽光発電投資について基礎から解説してくれるセミナーでした。初心者のかたには勉強になると思います。ちなみに、私も初めて知ったことが1つありましたので収穫でした(*^^*)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)