太陽光融資のため都銀と面談してきました

こんにちは。サムライ大家です。

 

先月、都銀で電話していたのですが、まったく音沙汰無しのひどい扱いでした。

 

一度確認の電話をしたのですが、おそらく居留守をつかわれた後、忘れ去られたのでしょう。

 

そのようなわけで、改めて同じ都銀の別支店に電話しました。

 

そこそこ対応が丁寧で、無事に面談までこぎつけることができました。

 

取り組みの是非は回答待ちです。

 

この都銀によれば、融資期間10年が基本。
10年でストレスをかけて回ればOK。
ただ、太陽光融資で融資期間10年の場合、フルローンベースだと、ほとんどの案件でキャッシュフローは残らないでしょう。大半は赤字になります。

 

イメージとしては総額の2分の1ほど自己資金を入れれば回るといったもののようです。

 

既に土地を現金決済しており、4分の1が自己資金の状態です。

 

さらに数百万の手出しとなると、正直厳しいな~という心証です。

 

半分自己資金であれば事業としてはもの凄く安定しますが、投下資金の回収に何年かかるやら。

 

回収期間は3~5年に抑えたいというのが私の感覚です。

 

都銀からの回答は、おそらく「あと自己資金を●万円入れて頂ければ融資OKです」といった内容になるのだと思われます(そもそもNGかもですが)。

 

さらに自己資金を投入するかどうかは、回答をもらってから考えるしかありませんね…。

 

さぁ、どうなるか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です