好条件の物件の購入は、売主さんからお金をもらうことに等しい

samurai投稿者:

——————————————————–
■太陽光発電投資セミナー登壇のお知らせ
日時:2019年1月12日(土)13時~
場所:東京国際フォーラム
申し込みページはこちら
——————————————————–

こんにちは。サムライ大家です。

 

好条件の物件とは、割安な物件のことです。

 

見栄えがよいとか、立地が良いとか、決してそういった意味ではありません。

 

見栄えがよくても、立地がよくても、割高な物件はダメ物件です。

 

割安に物件を購入することは、売主からお金をもらうことに等しいのです。

 

相場で1億円のマンションを仮に5000万で買えた場合、売りに出せば1億円で売れるので5000万もらったことになります(税金等は無視)。実際に売却しなくても担保評価が上がり資産は増大します。

 

反対に、相場で1億円のマンションを1億5000万で買ってしまった場合、文字通り売主にお金を余分に支払っていることに等しいわけです。

 

真っ当な方法で不動産規模を拡大していける人は、物件を購入するたびに売主から「お金をもらって」いくのです。

 

本人の属性がある程度良いことを前提に、全ては不動産業者(の営業マン)と良い関係を築けるかどうかにかかっています。

 

売主から「お金をもらえる」物件を運んできてくれる営業マンと出会うことができるかがカギになります。

 

そしてこれが一番難しい。

 

粘り強く関係構築に向けて活動していくしかありません。

 

これを怠ると割高な物件を掴まされてオシマイです。

 

行動力、そして行動の継続力がほとんど全てなんですよね…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)