企画書の添削結果が返ってきた

samurai投稿者:

こんにちは。サムライ大家です。

 

出版コーディネータさんから1回目の企画書添削が返ってきました。

 

書籍の副題や見出しなど、普段の自分だったら使わない「受けのよい表現」になるように全体的に推敲して頂きました。

 

仕事柄、淡々とした堅い文章になりやすいのですが、そうした表現では読者のココロを掴むことは難しい(=売れない)のかもしれませんね。

 

知り合いの投資家でも出版される人が増えていますが、話を聞くと出版の裏側が見え隠れして、なかな面白い世界だなと思います。

 

今回いくつか追加修正を求められた箇所があったので、修正してリトライです。

 

さぁどうなるでしょうか…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)